France/Paris 2014-February - Saint-Germain Des Près

2014.02.12

ハートに触れるものつれづれ

フランスから帰ったのは、7日のことでした。

それから5日間経って、なにごともなかったかのように過ごしています。時差ぼけもほとんどなく、眠くなるのが二時間くらい遅いだけで、あっけないほどの日常です。

今回のフランス行きには、実はとってもシリアスなプレッシャーが掛かっていました。というのは、航空券もホテル代もすでに全額をネットで支払い済み、キャンセルによる返金が効かないno refundだったからです。ホテル代まで支払ったことは今までありませんでしたが、たまたま毎日ルームレートを見ていると、絶好のタイミングがあったからでした。でも、もう、こんな方法は今回だけでやめようと思います(笑)

機内ではCAさんとギャレーでお話しましたが、みなさんも、ノロが流行ったりインフルエンザが流行ったりしているなか、フライトが近づくと、どきどきされたそうです。もし機内でノロが発症したらどうなるのでしょうと、冗談でもなく、話し込んでいました(笑)

これは雑談なのですけれど、今回の旅でメインだった美術館群、オルセーはともかくとして、6日の朝に書いていた、フランス国立クリュニー中世美術館のことを少し思い出しました。

この美術館は、どちらかと言うと海外からの観光客にはメジャーではなくて、日本の旅行会社の旅程にはあまり入っていないのではと思います。でも、友人は私のflickrを見たり話しもしていて、どんなものに関心があるのかをよく知っているのでここを選び、さらにコンシェルジュリーを続けました。両方とも、フランス革命に関係しています。また、私がクリスチャンであることも関係しています。フランス人にとっては、ハートの奥深くにしっかりと根を降ろしているような存在の美術館です。

さらに、所蔵している《貴婦人と一角獣》という6枚の大きな織物は、門外不出と言われながらも、アメリカのメトロポリタン美術館のつぎに、昨夏、東京の国立新美術館に来ていました。その間にクリュニーでは改装をしていたのだと思いますけれど、なにしろ私は、このタペストリーのような華やかな展示物にはあまり興味がなくて(ごめんなさい)、クリュニーでは、まったく違う、中世のキリスト教にまつわる彫像や建築にだけ興味を示していました。あまりに見とれてしまって、写真を撮り忘れていたくらいです。

さらにを繰り返すと、帰国後調べたところ、ロバート・レッドフォードとメリル・ストリープが共演した映画「アフリカの果て」の本の表紙に、このタペストリーの一部が使われていました。いろいろなことがリンクして来るのがネットの面白いところですけれど、関心がないひとには関心がない(笑)、また面白いものです。

このタペストリーの部屋に来た頃には、ドイツ語のガイドさんが団体さんに説明をしていました。一人だったら、もっと真面目に観ていたかも知れません。きょうのdiaryも、関心がないかたには申しわけないのですけれど、私自身が忘れないうちに書いておきたいと思いました。

フランスの美術は生活に身近に存在していて、オルセーもどこも、展示作品は、手に触れようと思えば出来そうな、その距離10cmくらいのところにさりげなくロープを張っているだけです。その、展示やライティングや保存にかけるキュレーター(学芸員)の工夫やコンセプト、国の努力は、どれほどのものでしょう。

きょうは、大粒のクリソプレーズを使ったネックレスを作っていました。掌にたしかな感触の大粒の天然石も、また素敵だと思います。そして、やっぱり私は石が好きなのだと、あらためて思っています。きっと、写真よりも立体のほうが、ずっと好きです。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


20140206_364

20140206_360

20140206347

|

2014.02.07

帰国しました

6泊のパリから、きょう帰って来ました。

今回のパリは、メインだったリノベーション後のオルセー美術館のほか、いかにもフランスらしい、パリらしいところを見て歩いて来ました。友人いわく、軽く延べ10kmは歩いたでしょうとのことです。

パリの石畳はとても硬くて、靴底がしっかりしていないとショックが足腰に伝わって来ます。その点では、慣れているロングブーツが抜群によく効いてくれました。雨にも降られましたけれど、おおむね好天で寒さもさほどではなく、元気に帰りました。私はいつも帰りの機内で熟睡して、食事の時間以外は意識がない状態で帰るので、時差ぼけもほとんどない状態です。明日にはスーツケースが届くので、なるべく早くに片付け整理をして、diaryを書きながら制作に戻りたいと思っています。サイトの再開は、明日にも出来ればと思っています。

みなさま、暖かくして、よい週末をおすごしください。

動画は、サンジェルマン・デ・プレにあるテキスタイルのショップ、 ピエール・フレイ のもの。ショールームを訪れましたが、こんなテキスタイルで設えをしたくなるような、フランスの伝統が伝わって来る店です。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


2014020229

|

2014.02.06

雨の朝

朝の散歩のあと、お天気が崩れはじめて、雨になりました。

なんどか、滞在が終わりに近づく頃にこんな日があって、不思議な感じがします。それにしても、パリの、すべてのスピードやテンションは特別で、東京のおそらくは5倍くらいかと思います。

自分のことは自分で考え自分でうごく。共和国としてのルールや権利はしっかり主張することで生き延びて来たフランス人は、やっぱり大人です。圧倒させられたり見とれたりと、今までで最高に刺激的な滞在になりました。日本との時差は8時間。フランスのほうが8時間遅れで、いまちょうど正午です。

メモ:(1€=137.31円 気温5℃最高12℃曇りのち雨)

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


20140206369

20140206372

20140206386

20140206396

20140206408_2

|

美術館あちこち

気温は高めながらも、きょうはとうとう雨に降られた日でした。

ミュージアムパスをもらっていたので、一緒に美術館めぐり。昨日に続いて、かなり刺激的な日でしたけれど、フランス人によるフランスの歴史やいまを知る機会になって、勉強になり、また深くふかく思いを持った日でした。

行ったのは、コンシェルジュリーと クリュニー美術館 でした。うーん、疲れましたけれど、どんどんフランスのハートに触れてゆくような気がします。

メモ:(1€=137.12円 気温6℃最高12℃雨時々晴)

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


20140206367_2

20140206359_2

20140206346_2

|

2014.02.05

オルセー美術館

右岸の用事を済ませたあと、ずっと行きたかったオルセー美術館に行って来ました。

なんというのか、作品から受ける迫力のようなものに圧倒されて、くたくたになりました。こういうものを日常的に見ながら育つフランス人は、やはり独特だと思います。この美術館の作品群を堪能するには、クリアで疲れていない頭と、いくら歩いても平気な脚と靴が必要です。

ようやく5階まで辿り着いた時には、頭も脚も性根尽き果てていました。それにしても、天井から降り注ぐ自然光の、なんて美しい美術館なのだろうかと思います。眠くてたまらないので、早くに休みます。

メモ:(1€=136.81円 気温4℃最高10℃晴)

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


20140205253

20140205281

20140205289

20140205320_2

20140205328

|

2014.02.04

いろの散歩

きょうはマレ界隈を散歩。いろの散歩の日でもありました。

メモ:(1€=136.61円 気温4℃最高10℃快晴)

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


20140204190

20140204220

|

2014.02.03

日曜日のマルシェ・公園

快晴の日曜日。

ラスパイユのマルシェとリュクサンブール公園を散歩したあと、デモの様子を見にセーヌ川へ。

画像の調整はあらためて。眩しいのではと思いますけれど、モニタの都合で、載せられるものだけピックアップ。

ラスパイユのマルシェは、右岸のものに比べるとかなり小規模ながら、良い香りが漂っていました。そのあと、リュクサンブール公園わきに出来たアンジェリーナで軽いお食事をして、公園を散歩。久しぶりの快晴に、パリ市民は笑顔いっぱい。ヨットは、公園の池に浮かべられているもの。陽射しを浴びてきらきらしています。

メモ:(1€=137.78円 気温1℃最高9℃晴れ)

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


2014020347

2014020375_3

20140203101_2

20140203113

20140203124

20140203134_3

20140203159

2014020359

|

2014.02.02

サンジェルマン・デ・プレ

昨日は着いてから大忙しでしたが、今朝はゆっくり起きてからサンジェルマン・デ・プレを散歩。

フランス人ならではのチョイスで、素敵な散歩の一日でした。昨日もきょうも快晴。夜の間に雨が降ったようです。昨日が忙しかったというのは、いきなりのフランス料理の食べ過ぎでした。たくさん食べて、たくさん歩こうと思います。初めてのホテルはとても快適、アクセス良し、静かで広くてセンスがよく、大正解でした。

diaryを書くのに一日(たぶん)空いてしまったのは、ホテルのネット環境が不安定だったから。でも、友人が交渉してくれて有線のLANになったので、もう安心です(笑)

とても元気です。

メモ:(1€=137.78円 気温1℃最高9℃晴れ)

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


2014020232

2014020229

2014020227

|

2014.02.01

パリ

パリに来ました。

とても忙しい日になったので、また明日書きます。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


201402011_2


|