France/Paris 2010

2010.09.22

ルーヴル ピラミッド広場の夜2

「ルーヴル ピラミッド広場の夜1」に続いて、長い夏の一日がようやく暮れようとしているピラミッド広場の写真と最後の記事を パリの写真のページ に載せました。

関心がおありのかたにご覧いただけましたら幸いです。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


P_365

|

2010.09.20

ルーヴル ピラミッド広場の夜1

7月11日。FIFAワールドカップの決勝戦でスペインが1-0でオランダに勝利した日の夜、ルーブル美術館のピラミッド広場にいました。帰国前夜のことです。

日暮れ前とライトアップ後、二度に分けて写真を載せたいと思います。きょうはその1回目を パリの写真のページ に掲載しました。

関心がおありのかたにご覧いただけましたら幸いです。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


P_333_2

|

2010.09.10

パリからドーヴィルへ

フランス旅行中に撮った写真、パリからドーヴィルに出掛けた日の写真を集めて → 「パリの写真のページ」 に掲載しました。

今までに掲載した写真と重複するものもありますが、自由にスナップしたものがたくさんあります。

関心がおありのかたにご覧いただけましたら幸いです。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


P_307_2

|

2010.09.06

チュイルリー公園から

フランス旅行中に撮った写真、チュイルリー公園からの眺めを集めて パリの写真のページ に掲載しました。

関心がおありのかたにご覧いただけましたら幸いです。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


P_289_2

|

2010.09.03

オランジュリー美術館 Musée de l’Orangerie 2

きのうに引き続き、オランジュリー美術館のコレクションの写真を パリの写真のページ (クリックするとリンクします)に掲載しました。

関心がおありのかたにご覧いただけましたら幸いです。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


P_287

|

2010.09.02

クロード・モネ「睡蓮の間 」
オランジュリー美術館Musée de l’Orangerie 1

パリの写真のページ に、オランジュリー美術館のコレクション、クロード・モネの大作「睡蓮の間」の写真を掲載しました。

関心がおありのかたにご覧いただけましたら幸いです。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


P_262_4

|

2010.08.29

バー・ヴァンドーム

今夏のフランス旅行中に撮った、バー・ヴァンドームでの写真を パリの写真のページ に掲載しました。

ご興味のおありのかたにご覧いただければ幸いです。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


P_147_3

|

2010.08.18

モリエール通りからオペラ界隈へ

パリ滞在中、モリエール通り界隈を歩いた写真を パリの写真のページ に集めました。

ご興味のおありのかたに、ご覧いただければと思います。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


P_130_2

|

2010.08.15

ギャラリー ヴィヴィエンヌ Galerie Vivienne

ルーヴルからリボリ通り、コメディ・フランセーズ、パレ・ロワイヤルを北側に抜けると、ギャラリーヴィヴィエンヌ Galerie Vivienne という、パリで最も美しいと言われるパッサージュ(アーケード)があります。

タイル敷きの床、ガラス張りの屋根など、1820年代に建てられた美しい建築物です。ブティック、古書やカード、お花屋さんやカフェ、ワインの専門店などがありました。カフェ、ア・プリオリ・テには、私にいろいろなことを教えてくださるナビゲーター氏が仰るには、オペラ座の団員さんが来ることがあるとのこと。

ところどころに手を加えられた跡があって、思い描いていたより華やかな印象もありました。着いたのがちょうど19時すぎだったこともあって、ほとんどのお店は店仕舞いの真っ最中。今度はゆっくりと見たいところです。

パリの写真は、右サイドバーの「カテゴリー」の下から、また、Applejam HPの photo index (← クリックしてください)の右端からもリンクしています。

diaryには画像の枚数を絞り込んで掲載していますが、よろしければご覧ください。travel photo ページのバナーに使っているのは、このパッサージュの写真のなかの一枚です。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


P_117

|

2010.08.13

パレ・ロワイヤル Jardin du Palais Royal

17世紀、ルーヴル宮の通りを隔てたすぐ北側に、ルイ13世の宰相だったリシュリューが住みその後ルイ14世の王宮として、さらにオルレアン家から市民の革命の演説の場所になったりと、数奇な歴史を経て、いまは市民の散歩道とブティックやアンティーク商、文化省の建物になっているパレ・ロワイヤルに行きました。

30℃を超える、焼け付くような陽射しのなか、しばしベンチで地図を広げて歩いて来たルートを確認していたら、優しいマダムが「どこに行きたいの?教えてあげましょうか」と話してくれたのでした。

travel photo にたくさんの写真を掲載しました。
関心のおありのかたにご覧いただければ嬉しく思います。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


P_089_2

P_086_2

P_096

|