« バロックパール | トップページ | いろいろ準備 »

2014.01.22

サロン・デュ・ショコラとレッドアゲート

きょうも関東地方は快晴、お昼の気温は8℃くらいまで上がったあと、夕方からはやはり冷え込んで来ました。明朝6時の気温は1℃の予報になっています。

iPhoneのリマインダーに用事を打ち込んで、銀座と新宿三丁目をあちこち歩きました。歩いているとダウンコートを脱ぎたくなるのですけれど、寒暖の差が激しい季節、夕方以降はやはり大寒の頃だと感じます。伊勢丹では冬のセールがすっかり終わったようで、きょうからはサロン・デュ・ショコラが開催、ユーゴ&ヴィクトールとベルナール・ロワゾー、日本のエスキスのショコラを買って帰りました。

ショコラは、フランスの文化のひとつだと思います。それは歴史が物語っていますけれど、アーティスティックで夢があり、パッケージデザインを含め、五感すべてを刺激するアートだと思います。これからこの催しは全国を巡りますから、diaryを読んでくださっているかたにも楽しい情報のひとつとしてお知らせしたくなりました。ぜひ、お出掛けください。ただ、東京ではすさまじい混雑ぶりで、私が帰る頃には階段まで長い列がとぐろを巻いていました。スター並みのパティシェ(菓子職人)目当ての女性も多いので、熱気がいっぱいです。

きょうは、たくさんの用事でちょっと疲れました。制作より一桁多いくらいに、発つ前のこの期間は気疲れします。たとえばカメラのコンディションからSDカード、PCのUSBメモリからマウスの状態まで気になります。その他雑用は果てしなく。ようやく今日でそれはほぼ一段落して、少し落ち着きました(笑)

載せた写真は、プライベートで作った、レッドアゲートのロングネックレスです。素材を見た瞬間にこの仕上がりが頭に浮かび、糸も一緒に揃えました。2mmのファセッテドラウンドですけれど、2mのシルク糸二本をきっちり端から端まで使い切って、160cmを二連分、ひと粒ずつ結び留めるオウルノットで仕上げました。

同色の糸がとても可愛くて、どこかコケティッシュで大人っぽくもあり、大好きな仕上がりです。革素材ととても仲良くなれそうです。ブレスレットにしたりY字ネックレスにしたり、センターで無雑作に結んでみたり、ネイビーのボートネックのセーターに合わせて白いパンツにすればトリコロール色(笑)

このレッドアゲートは、店頭でしばらくお留守番をしていたようです。良い素材でしたから、ちょっとお値段が張りましたけれど、頭のなかの完成図を目指して毎日少しずつ制作を進めました。こんなアクセサリーも商品化出来ればとは思うのですけれど、代金のほとんどが手作業のためのものになってしまいそうで、残念に思います。

やっぱり、いつも作るのが大好きです。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


Cordinate_6

Cordinate_7

Cordinate_8

|

« バロックパール | トップページ | いろいろ準備 »

ファッションとメイク」カテゴリの記事