« ブルターニュ | トップページ | レインボーブリッジとPACIFIC VENUS »

2013.12.24

クリスマス・イヴに Mont-Saint Michel

かぎりなくあると思った9月のフランスの写真も、今年一年の終わりが近づくのを考えて整理に取り掛かりました。

Mont-Saint Michel(モン・サン・ミッシェル)の写真を flickr のページ に集めました。整理していると、なんともいえず胸にぐっと迫るようなものがあります。朝早くに出て夕方まで歩いたことを思い出して、特別な日だったのだとあらためて思います。

連れて行ってくれた友人が、歩きながら「ここはカソリックの巡礼地だからね。ほかの宗教のひとはいないでしょ」と言いました。そういえば、日本人のツアー客は見掛けるけれど、歩いている観光客は一見してある思いを持っているようでした。1979年に「モン・サン=ミッシェルとその湾」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録、1994年10月にはラムサール条約に登録されています。

ちょうど今年は、湾に橋を架けて、繋がって堰き止められつつあった干潟をもとの状態に戻す工事が完成する年でもあり、潮の満ち引きが15kmにも渡る干潟で、その昔巡礼者が命を落としたと言われる景観が戻りつつあります。最後から二枚目の画像では、その資格を持ったガイドが、干潟を歩く観光客を案内しています。

パリからのバスツアーでは、3時間以上掛けてバスに乗り、現地では2時間に満たないランチと散歩だけで戻って来るのだそうです。誰でもが見られない風景だからこそ、ぜひ、diaryに残しておきたいと思いました。

フランスには、のどかな田園風景も、歴史の編纂を経た建造物も、このような、単なる観光名所に留まらない巡礼地もあります。私はそのすべてを心から愛していて、ライフワークのように、またフランスを訪れようと思います。


みなさま、どうぞ、素敵なクリスマスとイヴを。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


639

685

693

704

739

761

771

773

778

781

782

801

815

847

862

866

873

875

877

879

886

697

915

|

« ブルターニュ | トップページ | レインボーブリッジとPACIFIC VENUS »

France/Paris 2013-September - Bretagne」カテゴリの記事