« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013.12.30

世界の平和をねがう

壮大なタイトルで書き始めた、この2013年を締めくくるdiaryです。

まずは、この一年間、Applejamのアクセサリーをご購入くださったお客さま、ありがとうございました。あたらしいお客さまとのご縁も、たくさん頂戴しました。とても幸せな一年でした。

プライベートでは、6月と9月の2回、フランスに出掛けました。とくに9月の渡仏は滞在期間も長く、大きな経験だったと思います。その間に、無意識ながらも頭に入れていたらしいものは、今になって少しずつ制作にも出て来ています。でも、おそらくはもう、一ヶ月もの間サイトを留守にすることはないかと思います。

フランスに行くようになって、私自身には大きな変化が生まれました。それは、お買い物とかファッションとか限られたものではなくて、常に少し先のことを考えながらあらためて自身の立ち位置を観ること、体力や気力のピークや限界を見極めて判断することなどです。諦めることや前に進むこと、がんばることや敢えて踏み留まる勇気を持つことなど、ヨーロッパを一人で旅することで学ぶことは、たくさんありました。

旅のスタイルにはいろいろあって、目的も多種多様ですけれども、私は一貫して変わりません。パリに行ったらお洒落をする、流行が終わってしまったようなエルメスのスカーフや、パールのアクセサリーやファーも使います。せっかくパリに行くのに、日本国内よりも目立たないことを最優先する身なりでびくびくしながらすごすのはなんて惜しいことかと思います。滞在には費用が掛かりますから、有意義に過ごしたいと思います。

パリジェンヌは、いつも少し不機嫌な顔をして歩いています。とても忙しいし、街はごみごみしているし、スリはいつも狙っています。でも、誰かが着ているものについてなにかを言ったりしませんし、ロングブーツの女性の横にビーチサンダルの女性がいても、まったく気にしません。そんな自由がこの上なく心地良く、パリに行ったらのびのびするようになりました。だからかも知れないのですが、パリに住む女性の友人が出来ました。フランス人は、はっきりしたプライベートの垣根を持っていて、その内側と外側とを分けています。フランス人のことを、彼らはやる気がないと言うひともいますけれど、それはきっと、観光客としてだけしか彼らと接していないからでしょう。

海外に友人がいると、グローバルな思考が身に付きます。グローバルとは「世界的な」という意味で、地理的には極東の小さな島である日本にもっとも欠けている感性ではないかと思います。どの国にも意地やプライドがあって、それを賭けて闘いまでしています。それは一国の長だけの判断で勝手にしていることであったり、国民が総出で拭いきれない感情を長きに渡って持ち続けていたりもします。

私は、大真面目に、世界の平和を願っています。みなが暖かな毛布にくるまり、温かなお食事が出来ればと願っています。そのために、最小単位である家族はなにより大切です。

また、その少し先の友人を、とても大切に思います。この年齢になると、出来ることやエネルギーや時間は限られているのだということをDNAが知らせるようになりますから、精一杯しても届かなかったものには、関心さえなくなります。実に、あっさりと忘れてしまうことが出来る年齢になります。くよくよ悩んだりきりきり舞いするおばあさまを見掛けなくなるのは、神さまの配慮によるものでしょう。

世界のことを書いたところで、きょうのdiaryに載せる写真は、ちょっと変わっています。北フランスから持ち帰った貝や、フランスでいちばん美味しいと思うBordier(ボルディエ)のバターの包み紙です。バターからはがして洗い、本にはさんで乾かしました。貝の、みごとな色調のグラデーションや気品を感じさせる輝き、包み紙のデザインや紙の手触りは、大切な宝物です。

私がフランスに行く回数は少なくありませんけれども、実はこのようなものが一番大切で、帰国時に免税手続きをしないことも多々あります。免税手続きとは、同日に同じ店で€175以上の買い物をすること。日本円に換算すると、約25,000円です。そんな、少しずつ集めた古いものや生地や銀仕上げのものなどを、棚に入れています。

ものごとの本質について考えるようになったのは、50才がきっかけだったかも知れません。でも、多くを語らず姿勢で示すことも、同時に学びました。来年も、この姿勢を大切にしてゆこうと思います。

いつもお客さまとともに。

あらためてお礼申し上げます。この一年、ほんとうにありがとうございました。みなさまには、どうぞ佳いお年をお迎えください。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


Shell

Bordier

Cupbord

|

2013.12.27

レインボーブリッジとPACIFIC VENUS

お休みの間に、横浜港に出掛けていました。

写真は、横浜レインボーブリッジと、ぱしふぃっく びいなす というクルーズ船。レインボーブリッジは、次男の誕生年と同じ平成元年の竣工。大型客船は、お食事をしながら窓から眺めていた時には船名までは見えませんでしたが、写真を拡大して名前を知りました。

地元にいると、あまり写真に撮ることもない風景ですけれど、こうしてあらためて見ると、港は良いなと思います。なにか、希望への架け橋になっているような橋と、どこまでもゆく夢を叶えてくれそうな船。このクルーズ船のことを見ていたら、世界一周も出来るそうです。東儀秀樹さんのライヴも催されるプランや、世界を廻るプランもありました。

なんとなく撮った写真も、大切に、diaryに置いておこうと思います。

きょうが仕事納めのかたもいらっしゃるでしょうか。今年一年間も、ほんとうにお疲れさまでした。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


Yokohamabaybridge

Pacificvenus

|

2013.12.24

クリスマス・イヴに Mont-Saint Michel

かぎりなくあると思った9月のフランスの写真も、今年一年の終わりが近づくのを考えて整理に取り掛かりました。

Mont-Saint Michel(モン・サン・ミッシェル)の写真を flickr のページ に集めました。整理していると、なんともいえず胸にぐっと迫るようなものがあります。朝早くに出て夕方まで歩いたことを思い出して、特別な日だったのだとあらためて思います。

連れて行ってくれた友人が、歩きながら「ここはカソリックの巡礼地だからね。ほかの宗教のひとはいないでしょ」と言いました。そういえば、日本人のツアー客は見掛けるけれど、歩いている観光客は一見してある思いを持っているようでした。1979年に「モン・サン=ミッシェルとその湾」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録、1994年10月にはラムサール条約に登録されています。

ちょうど今年は、湾に橋を架けて、繋がって堰き止められつつあった干潟をもとの状態に戻す工事が完成する年でもあり、潮の満ち引きが15kmにも渡る干潟で、その昔巡礼者が命を落としたと言われる景観が戻りつつあります。最後から二枚目の画像では、その資格を持ったガイドが、干潟を歩く観光客を案内しています。

パリからのバスツアーでは、3時間以上掛けてバスに乗り、現地では2時間に満たないランチと散歩だけで戻って来るのだそうです。誰でもが見られない風景だからこそ、ぜひ、diaryに残しておきたいと思いました。

フランスには、のどかな田園風景も、歴史の編纂を経た建造物も、このような、単なる観光名所に留まらない巡礼地もあります。私はそのすべてを心から愛していて、ライフワークのように、またフランスを訪れようと思います。


みなさま、どうぞ、素敵なクリスマスとイヴを。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


639

685

693

704

739

761

771

773

778

781

782

801

815

847

862

866

873

875

877

879

886

697

915

|

2013.12.23

ブルターニュ

きょうは最高気温が8℃、寒い日でした。

9月の北フランス、ブルターニュの街で撮った教会の写真です。アクセサリーページを作り終えたので、フランスの写真の整理の続きをしていました。

忘れ掛けていた風景がモニタいっぱいに広がって、気持ちが高揚しました。サン・マロ湾周囲の街にはいろいろ行ったので、だんだんとどの街だったのかが分からなくなって来ています。やはり、なんでもその時にしなければいけないのだと思います。

パリとは違う、フランスの表情。 flickrのページ に数枚を追加しています。

もうすぐ、クリスマス。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


559

564

569

572

|

2013.12.21

ファッションのおはなし

きょうは暖かな陽射し溢れる、冬の一日でした。

昨日はみぞれまじりのお天気だったので、こんな日は、まさに神さまからのプレゼントだと感じます。空気が乾いていて、肌が乾燥でびっくりしているので、空気清浄機で湿度を上げました。電車では風邪に罹っているひとをよく見掛けるようになったので、注意しなければと思います。

季節の移ろいを実感するようになって、年賀状を半分書き終えて投函しました。まずは、身内へのものから。明日からは、友人や知人に書こうと思います。

そういえば、今朝、スイスのルツェルンの友人からメールが届きました。この5年の間に会ったのは、ちらっと二回くらいですけれど、誕生日を覚えてくれていて、今月初めにメールをくれていました。私はというと、彼、ダニエルと言いますけれど、11月の誕生日をすっかり忘れていて、慌てて「あなたにも、おめでとう」と、取って付けたように書きました。反省しています(汗)その返信に対する返信でした。いま、このホテル Kurhaus Bergüen にいて書いていると記してありました。スイスの、伝統あるクアハウスのようです。うーん、素敵です。

日常での私は、ほとんどの時間を机に向かってすごしていて、いかに自分の住む世界が狭いかを痛感することがよくあります。だからこそ、政治や経済や社会的なニュースはしっかり知るように心掛けています。子育てが終われば親同士のお付き合いも終わり、勤めが終われば職場関係のお付き合いが終わり、女性のライフステージはどんどん変わってゆきます。そんな生活のなかで、友人、お客さまや生徒さんとのコミュニケーションをとても大切に思います。

タイトルが「ファッションのおはなし」なので、そのことを書こうと思っていたのでした。

ときどき、生徒さんから「ビーズアクセサリーと服との合わせかたはどうすれば」と聞かれます。これは私にとっても長いヒストリーがあるもので、サイトを立ち上げる少し前までは、テーラードのスーツを着る仕事をしていました。でも、そのような仕事でのファッションは、やはり今もベースとして役に立っていると思います。なにごとも、基本やスタンダードとアレンジは大切だと思います。

パリに行くと、風景や建築やアートや人など、いろいろなものを見ますけれど、ファッションももちろんよく見ています。パリの女性は世界一素敵だと、私は思っています。彼女たちのどこが素晴らしいのかと言うと、ひとことで「わたしはわたし」と言う生き方をしていることです。日本には日本の文化や日常があるからこそ、フランスはフランスで魅力的だと思います。

お洋服にはお金を掛けてもきりがないので、服の持つニュアンスや風合いや空気感をしっかり見て選んで少しだけ買って、アクセサリーや小物を主役にします。それに、「この年齢になれば、中身で勝負だぞ」とも大真面目に思っています(笑)パリの女性は、そんなことは当たり前に思っていて、服は街に溶け込むもの、アクセサリーは自由に、ときにコンバースも格好よく履きます。

メゾンはたくさん、溢れるほどありますけれど、アントワープ系のドリス・ヴァン・ノッテンやジル・サンダー、 エルメスのプレタポルテのデザイナーも経験したマルタン・マンジェラのメゾンはパリのパレ・ロワイヤルに、どこも心ときめきます。ウインドウ越しにディスプレイやライトアップを眺めたりするだけで、とても幸せです。

来月の終わり頃に、渡仏します。今回はパリ市内の中心部だけを歩くので、diaryにもしっかり記録を残せたらと思っています。旅に出ることとアクセサリーを作ること、私にとってはちょうど同じ線上にあるもので、そんな心の動きと一緒に、ピアスやネックレスやブレスレットを作る毎日が、変わらず続いています。

写真は、2012年のドリス・ヴァン・ノッテンのメゾンと、9月のマルタン・マンジェラのメゾン。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


2012nparis350

2012nparis349

243

248

251

|

2013.12.17

9月 パリ

9月のフランスの写真。

まだまだ整理出来ないうちに、次回の一月が近づきました。急いで、帰る日の朝のパリのものだけを集めました。モン・サン・ミッシェルのものあたりは、またあらためて整理します。

大好きなパレ・ロワイヤルからチュイルリー公園界隈へ。実に、heavenlyな朝でした。 flickrの写真 もよろしければご覧ください。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


164

184

202

214

218

237

243

258

272

|

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »