« リッツカールトン東京 | トップページ | 旅の鞄 »

2013.08.21

ヒーロー

きょうの最高気温は33℃でしたが、お昼過ぎから雷雨になりました。

少しずつでも、季節が移って行っているのを感じます。毎日いろいろなことがありますけれど、激しい気候が早く落ち着いてくれたらと思います。

きょうはちょっと良いお話で、いまだに忘れられないことを書きたいと思います。アクセサリーとは無関係の、他愛のないお話です。

二ヶ月くらい前のこと、電車に乗っていたら、ふだん持たないカゴのバッグからプリペイドカードのPASMOカードがこぼれ落ちていたらしく、行方不明になりました。ちょっと焦って探していたら、車両の端に座っていた私の椅子と車両の壁との隙間に落ちて、かろうじて3mmくらいが見えているのでした。

私が立ち上がれば、するりと奥に落ち込んでしまいそうでした。なにか細いもの、ピンセットのようなものがないかなと探しましたがあるはずもなく、ふと、隣に座っていた小学校低学年くらいの男の子に頼んでみようと思いつきました。私の指より細いですし(笑)、スポーツをしているようで力もありそうです。まんがの単行本を読んでいるところを「申し訳ないんだけど、ちょっと手伝ってくれる?」と言うと、少しびっくりした顔をしながらも、指を隙間に押し込み力ずくで椅子を持ち上げ、カードを取り出してくれました。すごいです。

少なくとも5人以上のギャラリーがいましたけれど、「ありがとう!助かったわ」とはっきり言うと「いえ」なんて敬語になって嬉しそうに下を向いて、二つくらい先の駅で照れたように降りてゆきました。でも、横顔はとても誇らしそうでした。きっと、ヒーローのような気分なのだと思いました。

ひとさまの役に立てることは幸せなことですけれど、褒められたり認められたり感謝されたり、とくに男の子には、幼い頃にそういう経験をすることが絶対に必要なのだと思います。

夏の終わりが近づいて、思い出したお話でした。

|

« リッツカールトン東京 | トップページ | 旅の鞄 »

column」カテゴリの記事