« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013.08.30

本質というもの

きょうの熱中症情報メールは、14時に届きました。

明日もこの暑さは変わらず。九州地方ではいまも豪雨が続いていて、山陰や北陸でも大きな被害があったようです。なんとかならないものか。心が痛みます。

今月もあと一日を残すだけとなりました。同時に、Applejamは一ヶ月間のお休みを頂戴します。フランスの自然のなかで、考えごともして来ようと思います。とくにdiaryについては目下の懸案事項です。

diaryを書き始めたのは、サイトを立ち上げた2007年からでした。その頃にはまだ今ほどブログというものが広まっていなかったのですけれど、いまや写真や文章もプロ並みのかたのサイトがたくさんです。秋からは曜日を決めて書こうかとか、ほかにも制作のことや個人的な生活全般のことなど、少なくとも、モニタから離れることで視点が変わることはあるかと思います。

フランスでは、南に行けば光溢れるプロヴァンス、北に向かえばブルターニュやノルマンディと、自然には事欠きません。食料自給率が40%ほどしかない日本に比べると、フランスは120%を超えています。酪農王国であり、豊富な自然にも恵まれています。

カメラも、一眼レフと二種類くらいのレンズを持って行きます。パリも良いけれど、フランスの自然がとても好きです。あの、ミドルトーンの森や海のいろにはことばを失うほど感動します。

フランス人のヴァカンスは「なにもしない」。クラシック音楽やカメラ、パリは蘊蓄を語るひとが多いカテゴリですけれど、シンプルにその国のライフスタイルに浸るのが楽しみです。すでに秋の気配を纏ったパリは、最高気温が23℃くらい、朝の冷え込みは10℃を下回ることもあるようです。成田エクスプレスに乗るまでは車で送ってもらえるので、ロングブーツを履き、ダウンコートをスーツケースに入れて出掛けます。


人生は、おもいのほか短いのです。そして、一度きり。生きるなら、ポジティブにプラスのオーラで生きていたい。ものごとの本質が解るひととお付き合いしたい、自分自身もそうありたいと思います。混沌としたなかからきらっと光る本質。それこそが人生のきらめきになる。そう思っています。

取り留めのないdiaryになりました。おやすみなさい。

|

2013.08.29

ラリエット

きょうの最高気温は30℃。南風が強い日でした。

そろそろスーツケースの中身を仕上げなければならないのですけれど、今回はドレスアップをする必要がないので、とても気楽です。水を持って行く必要もありません。

と思うと、またアクセサリーを作りたくなってしまって広げてしまい、夢中になりました。自分の工具はきれいに手入れをして片付けを済ませましたが、レッスン用の工具があったのでした。

やっぱり、作ることは楽しいのです。画像の、エキゾチックネックレスによく似たデザインで少し手を加え、120cmまで来ました。せっかくなので、フランスに持って行こうかなと思っています。このネックレスは、数点続けて作ったなかでも好きなもののひとつ。

きょうのdiaryに画像をおいておこうと思います。おやすみなさい。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


001exotique_11

|

2013.08.27

父のことば

きょうまでにすべてのお品ものの発送を終えて、一気に気が緩みました。

朝のうちに数件の用事を終えて午後から出掛けて、久しぶりに思いきり食べて飲んで、また二駅乗り過ごして逆戻りして帰りました。アクセサリーを作るのが仕事ですけれど、かなりおやじっぽいところがあります(笑)

幼い頃に父によく言われたことばを、今でも思い出します。私には二才年上の兄がいて、よくけんかをしました。勝てるわけがないのに、まともにたてつくのです。そのたびにびーびーわーわーと泣いて、その様子を見た父は困り果て、好い加減に学ばないのかこの娘はと思っていたようです。よくdiary で私はじゃりン子チエそのものだったと書いて来ましたけれど、それはほんとうのことです。

「負けて勝て」「負けるが勝ち」だと、よく父に窘められました。そのことをほんとうに理解したのは、ごく最近のことです。実に、50年間ちかくも費やしたことになります。ある人からは「足るを知れ」とも言われました。このことを実際に学んだのは、40年間ちかく経ってからでしょうか。さらにある人からは「あるものを数えろ」とも言われました。これは少し最近のことですけれど、よく考えてみたら、どれも同じような意味を持っています。つまり、同じことを言われ続けているのです。

たまたま私には姉妹がいなくて、たまたま職場には男性ばかりで子供も息子ばかりで、友人も男性が多くて、知らず知らずのうちに、考え方が男性っぽくなって来ていたようです。ですから意外に理論派で、理論にかなったものごとや経済の成り立ちや政治の動きなど、追いかけて観ているのも好きです。

先日、レッスンの途中で生徒さんのお仕事の話になりました。そこで私は最初はお話を伺うばかりだったのですが、途中から「ばっさり」と理論展開をしました(笑)もちろん生徒さんとの信頼関係あってのことで、笑い話でしたけれど、最後に要になるのは理論だと、久しぶりに思いました。

そのことを小娘相手に教えてくれていた父に、今になって感謝する日々です(笑)

|

2013.08.22

旅の鞄

度々海外に行くうちに、失敗したことはいつまでもくよくよせず、次はもっと上手にしようというような、前向きな気持ちをいつもキープするようになりました。

その分、自分への要求水準も高くなるのですけれど、同様に体力も落ちてゆくのでちょうど良いようです。そんなときに見つけたのが、プレシャス誌の8月号に載っていた、『スリランカへ 大人の夏旅を彩る』という特集の、ルイ・ヴィトンのモノグラムラインシリーズ。15ページ分くらいを使っていたので読み応えもあり、スリランカの美しいコロニアルテイストのような風景がどきどきさせるほど美しいのでした。

私は、ヴィトンの大ファンです。20才くらいの頃からなので、かれこれ30年間以上は使い続けているこの写真のヴィトンは、キーポル・バンドリエール55。横幅が55cmあるベルト付きなので、この名前です。当時もとても人気があったので、お持ちのかたもいらっしゃるのではと思います。機内持ち込みサイズぎりぎりの、三方の合計が110cm(カタログによる)。機内持ち込みサイズは115cmまで。

ずっと使っていますけれど、ダメージ箇所はなく、水に濡れても平気な素材で型崩れせず、キャスターがないところがかえってエレガントです。モノグラムラインはブラウン系の単色なので、ブラックやブラウン、グレイやエクリュなど、私が持っている服のどれともよく合います。なんどか、フランスでも褒められたことがありました。

スーツケースは丈夫ですけれど、機内に持ち込むには、すぐに開けられないことや、変形のものを入れる時に困ることなど、なにかと小回りが利かないことがあります。そして、なによりこのバッグの良いところは、畳むと大きなスーツケースにらくらく入ってしまうことなのです。

そんなことをあらためて思うと、「やわらかい」ということの良さが、生きてゆくなかでも便利なことなのだと、ふと思いました。

ずっと、大切にしようと思います。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


Ke550

|

2013.08.21

ヒーロー

きょうの最高気温は33℃でしたが、お昼過ぎから雷雨になりました。

少しずつでも、季節が移って行っているのを感じます。毎日いろいろなことがありますけれど、激しい気候が早く落ち着いてくれたらと思います。

きょうはちょっと良いお話で、いまだに忘れられないことを書きたいと思います。アクセサリーとは無関係の、他愛のないお話です。

二ヶ月くらい前のこと、電車に乗っていたら、ふだん持たないカゴのバッグからプリペイドカードのPASMOカードがこぼれ落ちていたらしく、行方不明になりました。ちょっと焦って探していたら、車両の端に座っていた私の椅子と車両の壁との隙間に落ちて、かろうじて3mmくらいが見えているのでした。

私が立ち上がれば、するりと奥に落ち込んでしまいそうでした。なにか細いもの、ピンセットのようなものがないかなと探しましたがあるはずもなく、ふと、隣に座っていた小学校低学年くらいの男の子に頼んでみようと思いつきました。私の指より細いですし(笑)、スポーツをしているようで力もありそうです。まんがの単行本を読んでいるところを「申し訳ないんだけど、ちょっと手伝ってくれる?」と言うと、少しびっくりした顔をしながらも、指を隙間に押し込み力ずくで椅子を持ち上げ、カードを取り出してくれました。すごいです。

少なくとも5人以上のギャラリーがいましたけれど、「ありがとう!助かったわ」とはっきり言うと「いえ」なんて敬語になって嬉しそうに下を向いて、二つくらい先の駅で照れたように降りてゆきました。でも、横顔はとても誇らしそうでした。きっと、ヒーローのような気分なのだと思いました。

ひとさまの役に立てることは幸せなことですけれど、褒められたり認められたり感謝されたり、とくに男の子には、幼い頃にそういう経験をすることが絶対に必要なのだと思います。

夏の終わりが近づいて、思い出したお話でした。

|

2013.08.19

リッツカールトン東京

きょうは用事があって、六本木のリッツカールトン東京へ。

タイトルに堂々と書いてしまったのは、やっぱり素敵だったからです。大阪のリッツカールトンはおそらくホスピタリティ面で国内最高だと信じていますけれど、東京では泊まったことがないので、いままで親しみまでは持っていませんでした。

上層階に用事があったので、入口にいたスタッフのかたにエレベーターの場所を聞いてみました。うろうろするより、教えていただいてスムーズに入る方が俄然格好が良いでしょう(笑)正面から入らなかったのは、宿泊もダイニングも、予約しているわけではなかったからです。

かくして、高層階に上るエレベーターに乗り合わせた女性二人と一緒に、私は一人でその男性のホテルスタッフのかたの動きをこっそり観察していました。その間数十秒。うーん、どうしてか分からないけれど、なんとも素敵なのです。彼の年齢はまだ30才代中頃から後半くらいでしょうか。黒に近い、ごく普通の仕立てのスーツ、無理のない自然な笑顔と落ち着いた物腰と声、立ち姿のたたずまい、靴からすべてに隙がなく、威厳さえあるのに威圧感がありません。

パリでも思うのですけれど、ホテルのクラスが上がるほど、スタッフはゲストを緊張させません。足を踏み入れる時点で自分自身がホテルのクラスに合っていなければ居心地が悪いのですけれど、それでも、どこからともなく近づいて来るスタッフは流れるように笑顔でゲストを案内して、次のスタッフへと繫ぎます。

お食事をするのにメートル・ド・テルやソムリエやシェフが贅沢をするお客さまに笑顔を提供するのは当然のこととして、肝心なのは、やはりホテルに招き入れる瞬間と宿泊している間のホスピタリティのような気がしています。

気がついたら、私もそんな扱いを受けられる年齢になっていて、ささやかながらも楽しみを味わえるようになっていました。ホテルを育てるのはゲストなので、そういう仲間入りが出来ていれば幸せだと思います。

日本のホテルの歴史のなかで、東京の帝国ホテルは、3月の帰宅困難者が溢れた夜に2,000人ものひとを無料で受け入れ食事や飲み物や寝具やタオル、さらに携帯電話の充電までしていたのだそうです。その後、お礼状やお礼の電話がひっきりなしだったそうです。さらに、そういうことが出来たのは、日頃から緻密な防災訓練を重ねていた結果だったとのことです。(PRESIDENT Onlineによる)

若い頃から、空間に贅沢をするのが好きでした。ホテルは楽しい。学ばせてくれる。心からそう思っています。

|

2013.08.14

ブランディーヌ

ここ数日で作っていたロングネックレスです。

アクアマリンとルチルクオーツのネック部分、トップはふんわりしたけしパール。トップのちかくには、アクアマリンとイエロークオーツの大粒のものを加えました。けしパールがきれいに落ちるラインを描きます。

ふだんから、女性のからだのラインにきれいに沿うアクセサリーが好きで、長めのものをよく作ります。これは80cmの長さでトップ部分のリングからは30mm、フックにもやわらかな印象を持たせました。名前は『ブランディーヌ Blandine』。フランスの友人のひとりの名前です。

フランス人の名前で好きなのは、ダニエルやセバスチャン、ギヨーム。女性ではブランディーヌやアンヌ・マリー。日本語にはあまりない発音の名前に惹かれるようです。最初にブランディーヌと話したとき、「素敵な名前ね」とつい言ってしまいました。

アクセサリーの名前はどうして決まるのかと聞かれたことがありましたが、私の場合は、ほんとうに「なんとなく」です。でも、名前を付けたアクセサリーは、やっぱりとくに記憶に残ります。vegetable soup、Lumière、sainte-marie、baroqueもExotiqueも、お客さまにとっては不便かもしれなくて申し訳ないのですけれど、Cusomer's Voiceに残していただいたときには、ときどき眺めて私も楽しんでいます。

きょうも暑くなりそうですけれど、お盆をすぎれば秋の気配がちらほらとやって来ることでしょう。もう少しです。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


001blandine_1

001blandine_2

001blandine_3

001blandine_4

|

2013.08.13

ラ・バスティード・ドゥ・ムスティエ La Bastide de Moustiers

6月に行ったフランスで、実に3年越しの実現だったオーベルジュが、このラ・バスティード・ドゥ・ムスティエでした。

なにかを制作していても、ふと出されたディナーのひと皿から作った、 ベジタブルスープ ブレスレットを思い出してしまうほどに、今でも愛しさがつのる場所です。

最初に存在を知ったのは、2010年のことでした。coyoteという本、madame FIGARO(マダムフィガロ)、そして最近のエクラ誌にも載りました。とても遠くて、誰でもが行ける場所ではないからこそ、折りに触れて書いてみたいと思います。画像は、その、溜めていた切り抜きを集めたものです。

ちいさな思いだけれど、そのことを忘れずにいて、今だと思ったときに行動に移せるように。私がいつも心掛けていることです。そんな私のことを誰でもが分かってくれるわけではありませんけれど(笑)、まぁ良いでしょう。

明日も元気でがんばります。

一枚目は岩肌の教会に続く坂を上る途中で撮ったもの、二枚目はダイニング、三枚目は切り抜きを集めたもの。テーブルはアンティークに近いくらい古いので、ところどころはがれていていますけれど、おそらくずっと使い続けるものです。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


Moustiers_1

Moustiers_4

Provence

|

2013.08.07

Alexandra アレクサンドラ

フランスから帰った直後には、とにかく作りたいものを作りたいだけ、妥協することなく一気に作りたくなります。

このアクアマリンのネックレスの名前の由来は、実はパリの最も美しい橋と言われる、アレクサンドル3世橋。パリを訪れたひとのほとんどのかたの目に入るこの橋は、1900年のパリ万博のときに寄贈されました。いつ見てもほんとうに美しく、6月に行ったときにゆっくり歩く時間があり、セーヌ川の川面に橋のライトがいくつもふわっと浮かぶようで切なくなるほどでした。

アクアマリンを使ってフレーミングをしたネックレスを作りたかったのですけれど、この橋の名前をちょっと借りて、少しアレンジして名前につけようと思いました。

手仕事に終始したネックレス、個人的にもここ数点作ったたくさんのアクセサリーとともに、とても好きな一点です。秋口には、Vネックやタートルのカシミアによく合いそうです。

どうぞご覧ください。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


001alexandra_1

001alexandra_2

001alexandra_4

|

2013.08.04

ローマングラスのblue&green

Applejamで、少しずつ使い始めている、ローマングラス。

回を重ねて、いろいろなシェイプのものを買うようになりました。サイトでの制作とアクセサリーページ公開のあとには、レッスンでも素材として採り入れることがあります。

生徒さんと私とで、自然光のなかで静かにきらめくローマングラスを見ながら、なんだかうふっと微笑んでしまいそうな、あたたかでやわらかで時を経た生命力のようなものを眺めて楽しんだりもしています。

今回作ったのは、イスラムようなヘレニズムのような、遠い記憶のどこかで目にしたような、ヴィンテージ加工したダブルリングのチェーンと合わせたロングネックレス。長さは95cmほどあります。粒の大きさは最大のもので18mmほど、厚みは2mmから3mmほどの軽やかな粒。からだのラインにやさしく沿うように、ライムグリーンのシルク糸を使いました。チェーンに合わせてメタルのパーツを間にはさんでアクセントに。

手仕事の手間が掛かりながらも、愛しさに溢れた素材です。近日中にアクセサリーページを作ります。どうぞご覧ください。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


001rlt_1

001rlt_6

001rlt_5

|

2013.08.03

エキゾチック Exotique ネックレス

昨日のdiaryに載せたブレスレットとお揃いのネックレス。

実は、使った素材はまったく同じです。破調になるぎりぎりのところで心地良くならんだ天然石たち。ビタースイートでインプレッシブで、ちいさな粒だけれど生命力溢れるさまは、私にとってのパリのようすそのもの。

長さは70cm。ブレスレットにして巻いてみると、4連でちょうど良い感じ。でも、夏のさらりとしたコットンのワンピースに着けてみたり、ほんとうは、グレイのカシミアのロングコートからちらっと揺れてみえると素敵だろうなと思い描いています。

来週には、アクセサリーページを作りたいと思っています。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


001exotique_11

001exotique_2

001exotique_5

001exotique_6

001exotique_31

|

2013.08.01

8月は花火から

きょうもとても蒸し暑い日でしたけれど、これも一段落しそうです。

明日の関東は、30℃を切るような予報で、ほっと出来そうです。きのうもとても蒸しましたけれど、夜からお食事に出掛けて楽しいひとときを過ごしました。

ところが、しっかり落ちがありました。あっという間に二人でワインのボトルを空けたあと二軒目に移動。そこでふと「最終電車はいつか分かってる?」と聞かれて、そういえばとちょっと慌てて帰途に着きました。慣れない路線で乗り換え、なんとか電車に乗ると、思いがけないことにそれは最終電車だったのでした。

ともかくは無事に乗れたことをメールで知らせて、返信で「寝過ごさないように」とまで書いてもらいながら直後に寝入ってしまい、目が覚めると最寄り駅を二駅すぎていました。

また反対方向に乗った電車は、今度はのぼりの最終なのでした。アナウンスで「最終列車です。お乗り過ごしのありませんようご注意ください」との注意つきです。どこまでも運が良いというのかダイハードというのか、なんとか家の近くまで帰ると、長男からメールで「電車乗れたの?」とのチェック。そして、ようやくの帰宅時間は25時半。そんな一日でした。diaryの内容は、下書きしていたものを送信して載せました。

きょうは、横浜港の花火大会の日。バルコニーから撮ったものを少し載せます。残りの6枚は flickr にも載せました。画像をクリックしていただくと、拡大します。よろしければご覧ください。暗めですけれど、こんな、どこか寂しげなような日本の花火はとても好きです。

よい一ヶ月の始まりでした。

(サムネイルをクリックすると、拡大表示します)


Fireworks886

Fireworks842

Fireworks959

|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »