« 春の雨の庭 | トップページ | フランスに来ました »

2013.05.25

情報はどこから来たか

きょうは、今月最終のレッスンの日でした。

生徒さんと、デザインとか色の情報はどこから来るのだろうかというお話になりました。実はレッスン中でもお話はあっちに行ったりこっちに行ったりしていて、その間にスキルをしっかり身に着けていただくという方法を用いています。

この天然石きれいですねとか、これは名脇役の素材だけれどお手頃でしょ、とかお話します。出来れば、そんなひとときに素材の名前を覚えていただければと願っています。

その、デザインのお話のなかで、情報や関心事は生活のなかのすべてのことがらがもとになっているわけですけれども、ふと私が幼稚園児の頃に母が読んでいた家庭画報誌のお話になりました。

この本は頑なに独特な美学を変わらず貫いていて、良い意味でぶれがありません。解りやすく言うと、モデルはプロのひとだけ、服はぎっしり載せるのではないような贅沢な誌面作りで、一ページにモデルさんが一人しか載っていません。今になって考えると、幼稚園児が家に帰ってから家庭画報誌を食い入るように読む光景は、なかなかクールでシュールです(笑)

ファッションエディターさんもスタイリストさんもメイクアップアーティストさんも、当然のことながら書かなければならないスポンサー依頼の記事があって、それは、読者がエッセーだと思って読み進むうちにぽんっと具体的なクリームとか美容液のお話に流れたりして、「あぁ、これは広告だったんだ」と気づいたりします。

でも、それを買ったひとが「確かにこの美容液は効くわ、わたし綺麗になったもの!」と思えたとしたら、みなが幸せになります。世の中の「綺麗」は、きっととても主観的なものなのでしょう。


私個人としては、公私ともにかなり作業量の多いここ10日間ほどでした。明日は一日ぼーっとすごして、月曜日は、歯医者さんの大がかりな最終日。そのあとは、プライベートな数日間へと流れます。

お客さまには、きょうのうちにお品ものをお送りさせていただきました。お気に召していただければと、心から願っています。

|

« 春の雨の庭 | トップページ | フランスに来ました »

column」カテゴリの記事